教育目標

 

           基  本  方  針
 
 

    校 訓  「誠 実」 「質 素」 「勤 勉」

 

1.教育目標
 
  高い志を掲げ心身ともに健康で、自ら学ぶ意欲と豊かな心を持った人材を育成する。
  (1)高潔な品位の育成
  (2)優れた能力の育成
  (3)目的意識の育成
 
2.指導目標
  
   商業教育を核とした教育活動を展開し、将来、地域産業界、本県商業教育界を担い、
   リーダーとして活躍できる有為な人材を育成する。
 
3.めざすすがた ~ 常に変革を求め、活力みなぎる学校 ~
   
  (1)学 校
    「より良い学校教育を通して、より良い地域社会を創る」
    「より良い地域社会が、より良い学校教育を創る」
    ① 開かれた教育活動を展開し、地域に必要とされる学校
    ② 高度な資格・検定に挑戦し、専門的知識・技能を身につけた将来のスペシャリストを育成する学校
    ③ 豊かな心を持ち、健やかな身体づくりをすすめるとともに、変化に対応でき、自ら考え行動できる人づくりをすすめる学校
    ④ 活発な交流・連携を通して、家庭や地域社会に信頼される学校
 
  (2)生 徒
    ① 誠実で品位があり、礼をつくせる生徒
    ② 友人に気配りができ、自ら手を差しのべられる生徒
    ③ 学習と部活動、文武両立を目指す生徒
    ④ 心身の鍛錬に努め、よりよく生きる力を身につけ、社会に貢献できる生徒
  (3)教職員 
    ① 高い人権感覚を有し、生徒や同僚を思いやれる教職員
    ② 共に汗を流し(共同・協同・協働)、互いを支え合える教職員
    ③ 自己の資質・指導力向上に努める教職員
    ④ 次代を担う人材を育成する責務を熱意と活力ある行動で果たしていく教職員
    ~ 四方よし ~ 
    生徒が「入学したい」、保護者が「入学させたい」、地域が「在ってよかった」、
    教職員が「勤務したい」、そのように思える学校をめざす
 
4.重点目標
  
  (1)向かっていく学力の育成
    ①授業のユニバーサルデザイン化 「授業の流れを予告」「視覚化」「声掛け」
    ② 学力の的確な把握と「わかる授業」の実践
    ③ 家庭学習の習慣化
    ④ 主体的・対話的で深い学び(いわゆるActive Learning)の研究と推進   
    ⑤ ICT機器を利用した授業の研究
    ⑥ 専門的な知識・技能の習得と高度な資格の取得
    ⑦ 学科の特性を活かした取り組みの推進
 
  (2)広がっていく社会力の育成
    ① コミュニケーション力・プレゼンテーション力の育成
    ② キャリア教育の推進   
    ③ 望ましい職業観・勤労観の育成と進路実現
    ④ 地域に貢献できる人材の育成(松商だんだんフェスタの充実)
 
  (3)高まっていく人間力の育成
    ① 人権・同和教育の推進
    ② 進路保障の取り組みの推進
    ③ 特別な支援を要する生徒への指導
    ④ 社会人として通用する挨拶・礼儀・身だしなみ指導の充実
    ⑤ 部活動を通じた人間教育の充実